痛風 症状

痛風の症状かどうか見分ける方法

痛風の症状がどういったもので、痛風発作はどう対処したらいいのか、前兆や初期症状はあるのか、その症状の特徴がわからなければ手のうちようもありませんよね。まずは、その特徴をしっかり調べてみましょう。

 

「もしかしたら痛風かもしれない・・・」でも、ちょっと待ってください。痛風に似た病気があるのを知っていましたか?間違った治療をしても、その症状は改善しません。まずは、自分にどんな症状が現れているのかチェックしてみましょう。

 

 

 

 

 

痛風の症状と一言でいっても、じつは部位によって症状が異なります。

 

しかも、痛風に似た症状まであるのですから、混乱してしまいますよね。

 

一般的に、痛風の初期症状は膝や足の関節などの下半身に出やすいといわれています。

 

その中でも足の親指の付け根が最も多く、全体の70パーセントを占めています。

 

人によっては発作が起こる前兆が現れることがあり、

 

 

「関節に痛みや熱をもったような感じがする」

「チリチリ、ムズムズする」

「なんか違和感がある」

 

 

といった前兆があることが多く、このような前兆があったときにコルヒチンを一錠服用しておくと発作を予防したり、症状を軽減することができるといわれています。

 

とはいえ、痛風の痛みを味わったことがなければ、この前兆に気づくのも非常に難しいとは思いますけど…

 

 

通常、痛風発作の激しい痛みは1週間以内に治まり、靴を履いたり歩いたりできるようになるため、治ったと思い治療を行わない人が多くいます。

 

しかし、しばらくするとまた発作が起こり、次第に発作の持続時間が長く、頻度も多くなっていきます。

 

 

ですので、発作の激しい痛みが治まっても血液中の尿酸値が低下したわけではないので、きちんと病院で診察を受け治療するようにしましょう。

 

 

 

 

まずは、痛風にはどんな症状があるのか、動画を使って説明していますので参考にして下さいね。